女性の一人暮らしの費用はどれくらい!?新社会人は貯金を毎月いくら貯めるべき!?

hitorijo

一人暮らしは親元から離れて自由に慣れて楽しい一方、
どうしても気になってしまうのが日々の生活費がどれくらいかかるのか。

今回は女性の一人暮らしの平均費用について
まとめてみました。

女性一人暮らしの平均の生活費用

女性の一人暮らしの生活費は平均で17万円ほどです。

内訳としては、

家賃 7万円
食費 3万円
水道光熱費 1万円
ファッション・美容 2万円
交際費 3万円
通信費 1万円

となっています。

家賃

女性の一人暮らしの平均家賃は7万円前後です。

特に女性の場合、防犯面で
オートロックのマンションを選んだりする場合も多いので、
同じ間取りでも少し割高な部屋になってしまいます。

 

食費

一人暮らしの中で一番個人差が出やすいのがこの食費。
平均では月3万円ほどです。

夜は自炊、昼は夜の残りでお弁当などを作ることで、
頑張れば月1万円ほどで生活できる一方で、
外食ばかりをしてしまうと4,5万円程度は簡単になくなります。

水道・光熱費

一人暮らしの水道光熱費は平均1万円ほどです。

特に女性の場合は、
シャワーで多くの水を使ったり、
ドライヤーで髪を長時間乾かしたりなどで、
水道代、電気代がかさむ傾向にあります。

ファッション

女性で特に大きいのがこのファッションにかけるお金。
平均で月に3万円ほどです。

欲しい洋服であったり、美容院やネイルであったりなど、
何かと一気にお金が無くなってしまいます。

交際費

週末になったら友達と出かけて、
ランチなり、買い物なりをしていくと、
見る見るうちにお金を使ってしまいます。

また、旅行なんかに行ってしまえば、
10万円ほどが一気に飛んでしまうもの。

月によって大きく変動しますが、
平均では月3万円程度を使うことになります。

通信費

携帯やインターネット料金で
月に平均1万円ほどかかってきます。

特に女性の場合気を付けたいのが
携帯電話での長電話。

最近ではLINEの無料通話機能を利用することで、
時間を気にせずに、通話できるので、
無料通話は必ず押さえておきましょう。

まとめ

これらをトータルして考えると、
女性の一人暮らしは平均して17万円ほどかかります。

そして、月に貯金をする金額は
平均して2,3万円程度、なかには給料のすべてを
使い切ってしまう人も多いです。

ただ、女性の場合、若いころに貯蓄をしておかないと
後々かなりつらくなってきます。

新社会人の20代の場合、貯金は手取りの
2割程度を毎月貯められるのが理想です。

特に女性の場合、男性とは違い、
平均年収は30代前半で頭打ちになってしまいます。

また、今の時代未婚の女性は年々増加の一途を辿り、
結婚すれば安泰ということもなくなってきています。

新卒社員の3割が3年以内に会社を辞めてしまう時代、
会社はブラック企業化していき、生活は節約しないといけない。。。

このような状況の中で若いうちから何もせずにいると
毎日節約していかないと生活できない辛い未来が高い確率で待っています。

ですので、もし将来にお金の不安を少しでも感じているのでしたら、
今の内から自分で稼げる力を身につけて将来のために備えておきましょう。

今現在、僕はこうした社会の先を見すえて
行動したい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

受講者10,000人超!
東大メルマガ 期間限定で公開中(無料)

レベル別ネットビジネス講座
  • 社会
    危ない会社ランキング300社リストの内容まとめ。建設企業、中小企業は倒産予備軍が多数!?
  • 社会
    進撃の巨人のヒットの理由とは!?なぜ海外でも人気なのか。
  • 社会
    東芝の不適切会計問題(粉飾決算)の内容まとめ。発覚経緯は内部告発だった!?
  • 社会
    妖怪ウォッチのヒットの理由とは!?売上推移低迷から人気になった要因を分析
  • 社会
    アナと雪の女王のヒットの秘密とは!?なぜ日本だけこれほど人気になったのか理由を分析
おすすめの記事
不労所得ライフを目指すには!?
社会
日本社会が停滞するに伴い、 会社以外の不労所得を得ようとする人が 今、どんどんと増えてきています。 そして、出来れば会社に依存することなく、...