一人暮らしの光熱費、食費の平均はどれくらい!?生活費の内訳と節約方法。

seikat

一人暮らしでは常に生活費との戦いの毎日。

光熱費や食費などの日々の支出は
出来るだけ減らしたいものです。

これらの生活費は平均で毎月どれくらい
かかってしまうものなのでしょうか。

また、生活費を抑える方法も見ていきましょう。

一人暮らしの平均生活費

家賃

一人暮らしの平均家賃は7万円前後です。

もちろん、地域によって差が分かれており、
都心だと8万円前後、地方だと6万円前後が多いようです。

光熱費

一人暮らしの光熱費は平均で7000円ほど。

電気代が3000円、ガス代が4000円ほどですが、
夏場のエアコンの使用や冬場の暖房によって、
電気代は大きく変わってきます。

夏場や冬場は、外に出かけていることで、
冷暖房を使用しないようにするのも節約の一つの手ですね。

水道代

一人暮らしの水道代は平均3000円ほど。

お風呂の水を洗濯に利用したりすることで、
水道代は節約することができます。

また、水の出しっぱなしには気を付けましょう。
水道・光熱費併せて1万円が目安になってきます。

食費

一人暮らしの中で一番個人差が出るのが食費。
一人暮らしの食費の平均は2万5000円ほどです。

自炊をしたり、昼も前日の残り物のお弁当にすることで、
1ヵ月1万円を切ることも可能です。

逆に外食ばかりをしてしまうと、
4,5万円とかかってしまい、家計を圧迫していきます。

通信費

携帯の料金やインターネット通信料などで、
平均1万円ほどかかってきます。

電話はLINEなどのネット通話機能を利用することで、
料金を節約していくことが可能です。

交際費

一人暮らしの交際費の平均は3万円ほどになります。

友人との飲み会や恋人とのデートなどで、
毎回最低でも5000円以上はかかってきます。

節約は大事ですが、遊ぶところでもケチケチしてしまうのは、
精神的にも良くありませんので、引き締めすぎるのも考えもの。

ホームパーティーや家デートなどをたまに組み込むことで
一番費用のかかる外食費を節約していくのもいいかもしれません。

まとめ

一人暮らしの生活費は大体15万円ほどで、
理想の生活費としては

・家賃     月収の1/3以内
・水道、光熱費 1万円以内
・食費  2万5000円以内
・通信費 1万円以内
・交際費 3万円以内
・貯金 月収の2割ほど

となります。

もちろん、節約をすることで生活費は抑えることが出来ますが、
一人暮らしではこのように概ね15万円以上は毎月かかってきます。

特に今後の日本社会ではこちらのグラスからも分かるように
サラリーマンの年収はどんどん減っていく傾向があり、
生活費を節約してもギリギリとなってしまう場合が増えてきます。

nendaibetu

新卒社員の3割が3年以内に会社を辞めてしまう時代、
会社はブラック企業化していき、生活は節約しないといけない。。。

若いうちから何もせずにいるとこのように毎日節約していかないと
生活できない未来が高い確率で待っています。

ですので、もし将来にお金の不安を少しでも感じているのでしたら、
今の内から自分で稼げる力を身につけておきましょう。

今現在、僕はこうした社会の先を見すえて
行動したい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

受講者10,000人超!
東大メルマガ 期間限定で公開中(無料)

レベル別ネットビジネス講座
  • 社会
    東芝の不適切会計問題(粉飾決算)の内容まとめ。発覚経緯は内部告発だった!?
  • 社会
    進撃の巨人のヒットの理由とは!?なぜ海外でも人気なのか。
  • 社会
    妖怪ウォッチのヒットの理由とは!?売上推移低迷から人気になった要因を分析
  • 社会
    アナと雪の女王のヒットの秘密とは!?なぜ日本だけこれほど人気になったのか理由を分析
  • 社会
    危ない会社ランキング300社リストの内容まとめ。建設企業、中小企業は倒産予備軍が多数!?
おすすめの記事
不労所得収入の作り方
社会
会社の給料がどんどん減っていく現代、 不労所得収入を得ようとする人がどんどん増えています。 ただ、不労所得収入は得たいと思っても、 どれをや...