競馬での不労所得の税金はいくらから!?払わないとバレる!?

keib

最近では、若い人や女性にも人気になっている競馬。

この競馬で勝って儲けたものも不労所得に当たりますが、
税金はかかるのでしょうか。

以前、問題になった競馬での裁判についても見ながら、
競馬での税金について知っておきましょう。

競馬での不労所得に税金はかかるのか!?

競馬で勝った場合、
実は儲けた金額によって税金がかかります。

競馬で得た収入は、一時所得となり
年間で50万円以上になると、課税対象となります。

しかも、競馬での一時所得というのは
勝ち負けを含めたトータルでの儲けが50万円を越えた場合ではなく、
勝ちが50万円を超えたら税金を払う必要があります。

ですので、例えば年間で、
100万円勝って、150万円負けたとしても、
勝った100万円に対して税金がかかるので、
トータルでマイナスにもかかわらず税金を払う必要があります。

非常に理不尽な感じがしますが、
現在の法律ではこのようになっています。

税金の計算方法に関しては、

{(当たり馬券の払い戻しー当たり馬券の購入費)ー50万円}÷2=一時所得
となります。

例えば、100万円の当たり馬券を2万円で買っていた場合、
(100-2-50)÷2=24万円 が課税対象となります。

ただ、実際のところ、税金がかかるからと言って
払っていない人がほとんどだというのが現状のようです。

高額な払戻しであったとしても、住所や名前が
きかれることはありませんので、税務署が競馬で誰が儲けたかを
知るのは実質不可能だということです。

ただ、この金額があまりにも多い場合は、
税務署も嗅ぎつけてきます。

この競馬の税金に関するある一つの裁判が起きて、
大きな話題を呼びました。

はずれ馬券は経費とならないのか

一時所得にはずれ馬券を考慮するかしないかで問題となったのが、
ある会社員がシステムを使って競馬を儲けていた問題。

その会社員はシステムを使うことで馬券を予測していたのですが、
2007年~2009年の3年間で

馬券の購入費 28億7000万円
当たり馬券の払い戻し 30億1000万円
ということで、トータルで+1億4000万円 であったので、
この1億4000万円に対しての税金を払ったのですが、
税務署は当たり馬券の30億1000万円が課税対象として、
{(当たり馬券の払い戻しー当たり馬券の購入費)ー50万円}÷2=約14億5000万円が
課税対象になると主張。

約6億円の脱税ということで裁判が起こりました。

これに対して、出た判決ははずれ馬券も経費として認められるということで、
2013年に二審で元会社員側の勝訴。

検察も最高裁まで上告しましたが、2015年の最高裁でも
元会社員側の勝訴となる形となりました。

この裁判によって、競馬に関する税金について、
何かしらの変更があってもおかしくないでしょう。

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座