投資信託の不労所得で生活するには!?

kan3

お金持ちの話の中でよく出てくるのが不労所得という言葉。

働かなくてもお金が入ってくる仕組みということで、
その不労所得を稼ぐためには数多くの方法が存在しています。

今日は投資信託の不労所得についてみていきたいと思います。

投資信託とは

投資信託とは資産運用の専門家に資金を預けて、
自分の代わりに運用してもらい、分配金をもらう。

例えば、10000円で毎月100円の分配金を出す
投資信託を1本持っていれば、毎月100円が入ります。

これを100本持っていれば、
毎月10000円の分配金が入ってくるようになります。

投資信託をやるにはまずは口座を開設する必要です。
有名なところとしては、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、
クリック証券などがあります。

投資信託のメリットデメリット

メリット

投資をプロがやってくれる
小口から始めることが出来る
元本が上がる可能性がある(10000円が12000円に)
分配金が上がる可能性がある(毎月100円が110円に)

デメリット

プロだからと言って必ずうまくいくわけではない
投資を自分で学ぶわけではないので知識がつかない
元本が上がる可能性がある(10000円が9000円に)
分配金が上がる可能性がある(毎月100円が90円に)

ただ、投資信託の場合、実際問題となってくるのが
資金力がない人には向かないということ。

月収10万円を稼ぐだけでも、最低でも一千万は必要に
なってきてしまうので、趣味程度でやる分にはいいですが、
これで生活していきたいという人には向いていません。

では、初心者でもおススメな不労所得の稼ぎ方とは何か。。。

ここで僕がおススメするのがネットビジネスです。

初心者が不労所得を得るにはネットビジネスが最適

ネットビジネスは簡単に言えば、個人で出来るネット上での広告マンです。

自分のサイトに広告を貼りつけてしまえば、あとはお客さんが来たら
サイト上で広告がクリックされれば、お金が入ってくる仕組みになっています。

ネットビジネスは初心者が不労所得を得る上で
圧倒的に多くのメリットがある一方で、デメリットがほぼありません。

メリット1 リスクがほとんどない

ネットビジネスの一番のメリットは何と言ってもリスクがほぼゼロということ。
株やFXなどは基本的に初心者は損をしてしまいやすく、
多くの人は損をしてしまった時点で諦めてしまいます。

その一方でネットビジネスでは、ほとんどが無料で出来るので、
躓きやすい最初ですら損をすることがありえないため初心者に最適です。

メリット2 初心者でも月収10万円の不労所得が数ヵ月で作れる

株などで月に10万円を稼ごうと思っただけでも、
かなりの資金が必要で敷居が高いです。

例えば、不労所得で月収10万円を得ようとした場合、
一般的に株や不動産は年で5%増やせたらいいと言われており、
月収10万円を目指すとすると年で120万円の不労所得なので、
元手は何と 2400万円が必要になります。

その一方でネットビジネスであれば、
初心者から始めても、月10万円程度であれば、
パソコンさえあれば資金がたとえ0円でも達成できます。

しかも、何年という年月がかかるわけでもなく、
しっかりと集中して勉強すれば1,2ヵ月で達成してしまいます。

 

ただ、ネットビジネスというとなんだか難しそう。。。

そんなイメージがあるかもしれませんが、実際に僕の元からは
初心者から始めても、月10万円程度であれば1,2ヵ月で
多くの方が達成して、感謝の声を頂いています。

僕の無料講座では
軍資金の5万円を2日で手に入れてしまう超即金テクニックや
ブログの作り方や広告の貼り方など簡単なことから教えていきますので
ネットビジネスという言葉すら今は知らなくても大丈夫です。

不労所得には興味があるけれども、何からしていいか分からない人は
まずは僕の無料講座で一から勉強してみてください。

初心者が一番心配するリスクを完全に排除した
ノーリスクハイリターン戦法という手法を取っているので、
学んで損になることはないものですので。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座