40歳の平均年収は公務員とサラリーマンでどれくらい違う!?

koumu

昔から、公務員は安泰と言われていますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

今の時代、不景気が続いているため、
民間のサラリーマンの給料は減っていますが、
公務員の給料はどのようになっている調べてみました。

40代男性サラリーマンの平均年収

20年以上続く長い不況のあおりを受けて、
サラリーマンの給料はどんどん上がりづらくなっていると
言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

こちらは40代サラリーマンの平均年収を表したグラフです。

40dai

 

15年ほど前に比べると、
40代後半で695万から638万円の57万円減、
40代前半では645万円から568万円の77万円減となっています。

なので、確かに昔に比べて同年代での給料は低いようです。

手取りで言えば月に5万円近くも減っているということで、
毎月に給料が昔に比べて5万円も減っていれば
少ないと感じるのも当然の事でしょう。

しかも、この平均は高所得者によって引き上げられているので、
実際の平均的な人の年収はさらに低いです。

例えば、年収400万円が7人いて、そこに一人年収1200万円の人が入ると、
平均年収は (400×7+1200)÷8=500万円 と大幅に上がってしまいます。

実際、所得格差は非常に広がっており、
年収300万円以下の雇用者は日本全体の4割をしめいます。
kakusa

近年では会社の不況のあおりを受けてリストラをされる
40代が増えており、この年齢になってしまうと
再就職が非常に厳しくなるため、安定性の少ない
非正規雇用として働くことになってしまう場合が多いです。

このように今のサラリーマンは給料が減りつつ、
格差が広がっているというのが現状です。

では、公務員はどうなのでしょうか。

公務員の平均年収

公務員は不況のあおりがなく安定と言われますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

こちらは近年の地方公務員の平均年収を表したグラフです。
koumu

景気悪化に伴い多少は下がっていますが、
平均年収が700万越えということで、貰いすぎと感じる人も多いかと思います。

公務員の場合、サラリーマン程の格差はないため、
民間よりも不況の場合強いというのは確かかもしれませんね。

ただ、民間の給料は市場原理により下がっていく一方で、
国家予算を圧迫する公務員の給料が経済状況を無視して、
依然として高い水準にあるようでは、日本の財政破たんも
そう遠い日ではないかもしれません。

今後、どのようになっていくのか

先ほどのグラフ見ると分かるように、
サラリーマンの平均年収は右肩下がりになっています。

ここ数年は横ばいになっているものの、
これはリーマンショックの時に大きく落ち込みすぎた分の
補正があるだけで全体の流れとしては
下がっていることには変わりありません。

そして、これからの日本の経済を考えると、
長期的に見た時に景気が上向きになることは考えづらく、
さらに右肩下がりになっていくと予想されます。

ブラック企業の問題が大きく取りざたされるように、
年収は減っていくのに、労働時間だけが増えていく、
そういった会社が今後さらに増加の一途をたどると考えられます。

一方で、毎年国家予算は大幅な赤字を計上している以上、
さらなる増税を民間に強いるのは目に見えて明らかな状態です。

そうした中で、会社にだけ依存しきっている状態を続けていると、
今後、辛い目にあっていくことが目に見えています。

今現在、僕はそういった社会の先を見すえて
行動を起こしたい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座