中小企業の40代の平均年収はどれくらい!?

tyuusyo

長年の不況が響き年々給料が
減っていると言われている現代

40代の働き盛りの給料は
今、どのくらいなのでしょうか。

大企業と中小企業で比べてみました。

40代の平均年収は!?

給料が年々減っていると言われていますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

こちらが40代男性の平均年収を現したグラフです。
40dai

40代前半は15年前に比べて、
645万円から568万円と77万円の減少、
40代後半は695万円から638万円と57万円の減少となっています。

大体、年収が60万円前後減少しているということで、
手取りで言えば月に5万円も減少していることになります。

40代は結婚して生まれた子供の養育費が一番かかる時期、
このお金が一番必要な時期に毎月5万円も収入が少なくなっている
ということなので、余裕のない家庭が増えていると予想されます。

そのため、近年では専業主婦の割合が年々減っていく一方で、
共働きをしている家庭が増加の一途をたどっています。

tomo

しかも、40代になるとより問題になってくるのが所得格差。

平均年収が568万円といっても、実はこの数字は
年収が1000万円以上の高所得者によって
かなり上にひっぱりあげられているのが現実。

40代になり長年の不景気によるあおりを受けて
リストラなどをされてしまえば再就職の目途は立ちづらく、
ワーキングプアとなってしまう可能性は非常に高いです。

実は日本の所得格差は年々広がっており、
年収300万円の割合は何と4割近くに上ってきています。

kakusa

 

中小企業と大企業の所得格差

この所得格差は中小企業と大企業にも大きいです。

こちらは会社の規模別の平均年収を表したグラフです。
tyuusyou

もちろん、平均なので、中小企業の方がより良い会社もたくさん存在しますが、
総じてみると、大企業の方が中小企業よりも100万円近く平均年収が高いということになります。

年収が100万円近くも違うということで、
学生が就活をする際に大企業だけに目が向いて
中小企業に目が向かなくなってしまうのもうなずけますね。

ただ、中小企業、大企業に関わらず、
どちらも今後さらに給料が下がっていくことは予想されます。

今後、どのようになっていくのか

先ほどのグラフ見ると分かるように、
サラリーマンの平均年収は右肩下がりになっています。

ここ数年は横ばいになっているものの、
これはリーマンショックの時に大きく落ち込みすぎた分の
補正があるだけで全体の流れとしては
下がっていることには変わりありません。

そして、これからの日本の経済を考えると、
長期的に見た時に景気が上向きになることは考えづらく、
さらに右肩下がりになっていくと予想されます。

ブラック企業の問題が大きく取りざたされるように、
年収は減っていくのに、労働時間だけが増えていく、
そういった会社が今後さらに増加の一途をたどると考えられます。

そうした中で、会社にだけ依存しきっている状態を続けていると、
今後、辛い目にあっていくことが目に見えています。

今現在、僕はそういった社会の先を見すえて
行動を起こしたい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座