ブラックバイトランキング一覧。企業の特徴と面接での見分け方とは!?

blab

近年、劣悪な環境で労働を余儀なくされる
ブラック企業の問題が大きく叫ばれていますが、
最近では学生を餌食にするブラックバイトなる言葉まで
出てくるようになっています。

バイトのスケジュールは勝手来決められ、
学生が進級出来るかどうかは、お構いなし。

貴重な学生生活を後悔しないためにも
ブラックバイトとなってしまう可能性が高い
企業の特徴や面接での見分け方を見ていきましょう。

ブラックバイトランキング

まずはどういった職種がブラックバイトになりやすいか見ていきましょう。

ブラックバイトの偏差値ランキング

S+ 荷揚げ 発掘
S   引っ越し とび職 建築作業 倉庫内軽作業 きぐるみ
S- 地盤調査 刺身に菊 パン工場 介護
A+ 牛丼屋 キャバクラ 寿司屋 焼き肉屋 ライブハウス レストラン 有名居酒屋
A   ファーストフード クリーニング パチンコ イベントステージ  結婚式場
A- 映画館  ラーメン屋 パン屋 服屋
B+ 冷蔵室管理 荷出し 牛の世話 電話勧誘
B   ホームセンター 葉書の配達 新聞配達 ピザ宅配  ケーキ屋キッチン ポスティング
B- コンビニ カフェバー スーパーの品出し ホテル
C+ ゲームセンター ガソリンスタンド
C   コールセンター 塾講師 カラオケ 花屋 治験 ドラッグストア
C- 書店 スーパーレジ 交通量調査
D+ 葉書の仕分け ピザ宅配(田舎) 無名な居酒屋
D   リサイクルショップ データ入力 美術館 レンタルショップ 100均
D-  家庭教師 ソープ
E   パソコンショップ(田舎) ケーキ屋ホール 楽器屋  セルフガソリンスタンド
F   プールの監視員 コンビニ(夜勤) ネット喫茶 写真屋 ビリヤード場
G   試験監督 工場ライン 病院の窓口(夜間) ホテル(夜間) コールセンター(夜間) 駐車場管理 モデルルーム案内
(参照:2ch きついバイト一覧

肉体労働系の作業や飲食サービス系のバイトが
ブラックになりやすそうですね。

また、ブラック企業のバイトも総じて
ブラックになりやすい傾向がありますので、
こちらもみておきましょう。

ブラック企業ランキング

1位 東京電力 原子力安全保安院
2位 東芝 大庄 大王製紙 オリンパス
3位 モンテローザ ワタミ ゼンショー
4位 オンテックス 先物取引業界 浄水器販売会社 佐川急便 サニックス
5位 大創産業 中央出版系列 丸八真綿 ファイブフォックス 人財開発 ジャスティック
6位 大塚商会 アビバ パチンコ業界 消費者金融 セブンイレブン TV番組制作会社 零細出版社 大東建託 東建
7位 楽天 リクシル 再春館製薬所 外食産業 富士火災
8位 証券営業 家電小売業界 引越業界
9位 JTB 生保営業 大正製薬 レオパレス 大和冷機工業 着物販売会社
10位 宝飾業界 アパレル販売 コンビニ業界

こちらも飲食店系が上位に多くあるようです。

ブラックバイトの特徴と見分け方

では、次に、ブラックバイトの特徴と見分け方を見ていきましょう。

特徴

・希望していないシフトを入れられる
・実際の労働条件が、募集時の提示と明らかに違う
・準備や片づけなどの時間は賃金が支払われない
・長期労働でも休憩がもらえない
・ミスをすると罰金を支払わされる
・商品やサービスの買い取りを強要される
・店長がセクハラやパワハラなどを受ける
・退職願いを拒否される

ブラックバイトの特徴としては、
強制労働、低賃金、パワハラ、退職拒否がよくあるパターンです。

見分け方

・常にバイトを募集している
・面接が適当、雰囲気が悪い
・労働条件を書面で渡さない
・未経験者歓迎や笑顔の写真の求人広告

常にバイトを募集しているということは、
それだけ辞めてしまう人も多いということ。

また、労働条件を書面で渡さないところだと、
実際働き始めると、募集時の提示と明らかに違うことが
起きる可能性が高くなります。

社会に出てもブラック企業で働き続けられる!?

学生の場合、運悪くブラックバイトで働いたとしても、
毎日働くわけではないですし、学生生活が終わればバイトも終わるので、
よく言えば、若い時の修行と考えれば、いい社会経験かもしれません。

ただ、社会人になった時に、ブラック企業に入ってしまえば、
そう悠長なことはいっていられません。

朝起きたら満員電車に乗って会社に行き、
夕方4時頃がやっと折り返しで会社を出るのは夜10時以降。
家に帰ったら、疲れ果てて眠るだけで気づいたらまた満員電車の中。

こうして、気づいたら人生の大半が過ぎ去ってしまっている。。。

会社で働くために飼いならされて生きているような人生であれば、
正直、家畜と変わりない状況です。

特に、今の日本では7割の会社が
ブラック企業の基準を満たしていると言われており、
逆にブラック企業に当たらない方が難しくなってきています。

しかも、日本社会の今後はまずます停滞していくので、
今の状況よりもさらに悪くなっていく可能性の方が大きいです。

こうした環境下の中で、全く行動を起こすことなく、
現状を維持していると今後辛い思いをすることは目に見えています。

なので、こうした状況下の中で経済的、精神的に安定するためには
今の会社に依存しない収入源を得る行動を起こす必要が高まっています。

今現在、僕はこうした社会の先を見すえて
行動したい人のためのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧さい。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ