妖怪ウォッチのヒットの理由とは!?売上推移低迷から人気になった要因を分析

こんにちは、山下です。

今回は、妖怪ウォッチが大ヒットを収めている秘密を
ビジネスの視点から少し見ていきたいと思います。

2013年7月にゲームが発売されて以降、アニメやグッズなど、
幅広い範囲で爆発的人気を博しているのが妖怪ウォッチ。

妖怪メダルを買うために何時間もの長蛇の列を作るなど、
大きな社会現象を巻き起こした妖怪ウォッチですが、
なぜこれほどまでに人気が出てきたのでしょうか。

妖怪ウォッチが社会現象に

2013年7月に発売が開始された
ニンテンドー3DSソフト「妖怪ウォッチ」は100万本を越えるミリオンセラー。

翌2014年に発売された「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」は開始4日で
128万本を越え、すぐさま第一作目の本数を上回る。

また、2014年1月に販売された妖怪メダルは発売から1ヶ月で累計300万枚を出荷、
瞬く間に各地で完売になるほどの人気商品となり、
累計で1億枚以上を売り上げるメガヒットとなった。

また、2014年の新語・流行語大賞ベストテンにも選出され、
名実ともに妖怪ウォッチが社会現象を巻き起こした年となった。

では、なぜ妖怪ウォッチはこれほどまで、
驚異的なメガヒットを巻き起こしているのでしょうか。

ビジネスの観点から妖怪ウォッチを分析して、
ヒットを作り出すためのヒントを見つけていきましょう。

妖怪ウォッチのヒットの秘密

妖怪ウォッチがヒットした理由を一言で言えば、
「クロスメディア戦略」が上手くハマったからだと言えます。

妖怪ウォッチを手掛けたのは、レイトン教授やイナズマイレブンなどの
ヒット作を生み出しているレベルファイブという会社。

同社は、コンテンツをゲームなどの一つの領域にとどめず、
漫画やアニメなど、他領域に渡って発信するクロスメディア戦略に定評があり、
そのノウハウの本領がうまく発揮されたことがヒットの大きな理由だと語っています。

cross

2012年末頃に子供に人気のマンガ雑誌コロコロコミックに連載を開始。
翌2013年夏にニンテンドー3DSソフト「妖怪ウォッチ」を発売。

ただ、実は妖怪ウォッチは発売当初は現在のようなブームだったわけではなく、
販売から3週目(7月下旬)で10万本、10月初旬で20万本を売り上げたが、
販売台数そのものは時間が経つとともに右肩下がりで推移し、平凡な売れ行きでした。

しかし、翌2014年のアニメ放送を皮きりに状況が一変。

アニメ放送と同時にバンダイとのタイアップで
玩具の妖怪ウォッチと妖怪メダルが発売されると小学生の中で大ブームに発展。

そして、全国各地で妖怪メダルを買うために何時間も長蛇の列を作る
ご存知のニュースが毎日のように流れるまでに至りました。

妖怪ウォッチの成功はアニメと玩具の同時リリース戦略

妖怪ウォッチが成功したのは、
アニメ放送で一躍認知度が上がったと同時に
玩具の妖怪ウォッチと妖怪メダルを発売したところが大きいです。

一般的に人気タイトルの玩具というのはアニメなどで
人気が出始めてから企画が始まり、発売まで1,2年を要しますが、
妖怪ウォッチの場合は、アニメ放送の開始と同時に玩具発売できるように、
前もってリリース戦略を立てていました。

このアニメと玩具の同時リリースというクロスメディア戦略がうまくハマり、
社会現象とまでになった妖怪メダルブームが巻き起こったのです。

ビジネススキルを高めるには!?

今回の妖怪ウォッチで学んだように
今の時代は「クロスメディア戦略」を上手く取り入れるというのが
ビジネスでヒットを作るうえでの一つのヒントになってくるということでした。

こういったビジネスの視点というのは、もちろん会社員でも鍛えることが出来ますが、
実は個人でビジネスを行い、自分自身で実践していくようになると
机上の空論ではない、より実践的な感覚研ぎ澄まされてくるようになります。

そういった意味では会社員でも学生でも、
個人としてのビジネススキルを高めたいのでしたら、
自己成長に充てる時間として個人でもできるビジネスを学ぶことをおススメします。

もし、今あなたが会社に依存しないで個人で生きていくためのスキルを
身につけたいのでしたら、今現在僕はそういった方向けのメルマガを
配信していますので、是非ご登録頂ければと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ