朝まで生テレビでも激論されたブラック企業名の公表について。予想される会社とは!?

blac

厚生労働省がブラック企業名を公表することを
発表したことで、以前放送されていた朝まで生テレビの
ブラック企業名の議論が再び話題になっているようです。

今回の厚生労働省の発表で、
一体どのようにブラック企業の改善はみられるのでしょうか。

厚生労働省がブラック企業を公表!?

近年、ブラック企業は大きな社会問題となっていましたが、
ついに厚生労働省が企業名の発表を決定するまでに至りました。
動画:厚生労働省がブラック企業の名前を公表へ

この発表によって、以前放送されていた、
朝まで生テレビでの激論も話題になっているようです。
動画:朝まで生テレビ 深刻化する若者の雇用問題とブラック企業

今回の決定で、違法な長時間労働などで年3回の是正勧告を
受けた大企業の社名を発表することになります。

厚生労働省によると、2013年に労働基準の是正勧告をした件数は
11万2873件ということで、今後年3回の是正勧告を受けて、
企業名を発表される例が数多くみられると予想されます。

これにより企業にとってはブラック企業を認定されることで、
世間からのイメージ悪化は避けられないため、
売上の減少や人材の確保が難しくなると予想されます。

特に、今回は厚生労働省のお墨付きとなってしまうため、
今までの民間のブラック企業大賞などよりも、
さらなる悪影響が出ることは避けられないでしょう。

そのため、企業のブラック化が減少するのではないかと、
大いに期待されています。

ただ、もちろん逆に企業が今まで以上に違法な労働を
隠ぺいしようとする可能性も考えられますので、
しっかりとした調査が求められますね。

今のところ、大企業のみの適応となりますが、
今後、さらに多くの企業の波及して施行されることで、
日本のブラック化に歯止めがかかることが期待されています。

 ブラック企業を予想する

こちらは以前、厚生労働省がブラック企業の調査を
大々的に行った際に、調査した企業の業種の割合となります。

bla

こちらを見ると分かるように、
製造業とサービス業で法令違反が
横行している割合が非常に多いです。

そのため、今後ブラック企業として公表されるのも、
製造業、商業が中心となると予想されます。

また、以前から話題になっている
民間やネット上で行われているブラック企業ランキング
などで上位に出てくる企業も少なからず
是正を受けている可能性は考えられます。
関連記事: 日本のブラック企業ランキング

会社のために生きているのではない

こういったブラック企業が台頭するようになると、
会社に行くことが全てというような企業文化になってしまう所も多いです。

朝起きたら満員電車に乗って会社に行き、
夕方4時頃がやっと折り返しで会社を出るのは夜10時以降。
家に帰ったら、疲れ果てて眠るだけで気づいたらまた満員電車の中。

こうして、気づいたら人生の大半が過ぎ去ってしまっている。。。

終わりの見えない社畜な人生に
嫌気がさしている方も多いかと思います。

しかも、日本社会の今後はまずます停滞していくので、
今の状況よりもさらに悪くなっていく可能性の方が大きいと予想されます。

こうした環境下の中で、全く行動を起こすことなく、
現状を維持していると今後辛い思いをすることは目に見えています。

なので、こうした状況下の中で経済的、精神的に安定するためには
今の会社に依存しない収入源を得る行動を起こす必要が高まっています。

今現在、僕はこうした社会の先を見すえて
行動したい人のためのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧さい。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ