社会人必見!!一人暮らしの家賃の相場(東京・大阪・名古屋)はどれくらい!?

yachi

社会人になって一人暮らしを始める人も多いですが、
やはり一番気になるのは日々の生活費のこと。

東京・大阪・名古屋などの都市圏で一人暮らしをする場合、
家賃の相場や生活費の平均はどのくらいなのでしょうか。

家賃相場はどれくらい!?

まずは家賃の相場を見ておきましょう。

ワンルームで生活する場合、
全国の家賃相場はこのようになってきます。

東京 6万5000円
大阪 5万5000円
名古屋 5万円
福岡 4万5000円
札幌 3万5000円

やはり東京が全国的に見ても
一番高く平均しても6万5000円が相場となっています。

もちろん、都心や駅近などの条件によって、
さらに相場が高い地域もあります。

家賃は月収の1/3以下が適正と言われていますので、
月収21万円だとすると、家賃の適性は7万円以下ということですね。

それ以上になってくると、家計を大きく圧迫していきますので、
入居時の際にはしっかりと家賃を考えて物件を選びましょう。

また、引っ越しには初期費用がかかってきます。

初期費用は大きく分けて、
1.部屋の賃貸契約費用
2.引っ越し費用
3.家具・家電
などで平均して40万円ほどかかります。
関連記事:一人暮らしの初期費用は平均どれくらい!?30万円に抑えるには!?

また、毎月の生活費は15万円ほどかかってきますので、
引っ越し前には2,3ヵ月分の余裕を持って80万円ほどは
準備しておくと安心です。

では、社会人の平均的な生活費の内訳を見ていきましょう。

生活費の平均は!?

社会人の一人暮らしの平均生活費は約15万円ほどです。

理想の生活費の内訳としては

・家賃     7万円以内
・水道、光熱費 1万円以内
・食費  2万5000円以内
・通信費 1万円以内
・交際費 3万円以内
・貯金 月収の2割ほど

と言われています。

特に人によって大きな差が分かれるのが毎月の食費です。

夜は自炊、昼は前日の残り物の弁当などにして、
頑張って節約すると月に1万円を切ることも可能な一方で
外食ばかりをしてしまうと4,5万円が簡単に飛んでしまいます。

節約をするのであれば、まずは日々の外食費を
出来る限り減らして、自炊を始めるのがいいでしょう。

まとめ

もちろん、節約をすることで生活費は抑えることが出来ますが、
一人暮らしではこのように概ね15万円以上は毎月かかってきます。

特に今後の日本社会ではこちらのグラフからも分かるように
サラリーマンの年収はどんどん減っていく傾向があり、
生活費を節約してもギリギリとなってしまう場合が増えてきます。

nendaibetu

また、年収はどんどん減っていく一方で、
年金などの社会保障費はどんどん上がっていくので、
手取り額は同じ年収でも今まで以上にさらに
低くなってきてしまいます。

新卒社員の3割が3年以内に会社を辞めてしまう時代、
会社はブラック企業化していき、生活は節約しないといけない。。。

このような状況の中で若いうちから何もせずにいると
毎日節約していかないと生活できない辛い未来が高い確率で待っています。

ですので、もし将来にお金の不安を少しでも感じているのでしたら、
今の内から自分で稼げる力を身につけて将来のために備えておきましょう。

今現在、僕はこうした社会の先を見すえて
行動したい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ