大学生の貯金の平均はいくら!?

生まれてこの方不景気の日本しか知らない今の大学生。

遊びたい盛りの大学生であっても、
将来のためにも貯金志向が強いとまことしやかに言われています。

では実際のところ、今の大学生の貯金額の
平均はどのくらいなのでしょうか。

大学生の平均貯金額

都内の大学生を対象にしたある調査によると、
大学生の平均貯金額はこのようになっています。

dai

これを見ると分かるように、
4割の大学生の貯金額は10万円以下、
6割が10万円以上ということです。

大学生のアルバイト収入は大体8万円以下が
ほとんどですので、10万円でもかなり頑張って
貯金をしないと難しいです。

dai2

それを考えると、
10万円以上が6割というのは今の大学生は
貯蓄傾向にあるようにも思えますね。

実際に何のためにお金を貯蓄しているのかというと
このようになっています。

dai3

これを見ると分かるように、大学生は
万が一の備えのために貯金をしているということです。

やはりここからも、今の大学生が全体的に
将来に対して悲観視していて貯蓄傾向にあると考えられますね。

近年はよく今の若者はゆとり世代と言われていますが、
その次の世代としてさとり世代というのが出てきているそうです。
参照:ゆとり世代の年齢と特徴とは!?さとり世代とは!?

さとり世代とは、結果をさとり、高望みをしない世代のことで、
『車に乗らない、ブランド服もいらない、スポーツをしない、酒を飲まない、
旅行もしない、恋愛には淡泊』というような特徴を持っています。

確かに、ブラック企業、非正規雇用の問題など日々聞いていると、
これからの日本社会はより一層衰退していくのではないかと
不安視してしまうのは当然の事かと思います。

ですので、学生時代から金銭的に不安であれば、
若いうちから副収入を稼ぐということも考えておきましょう。

あなたが、もし何か副収入を得たいと考え始めているのでしたら、
特に僕がおススメしているのがネットビジネスです。

初心者が副収入を得るにはネットビジネスが最適

ネットビジネスは簡単に言えば、個人で出来るネット上での広告マンです。

自分のサイトに広告を貼りつけてしまえば、あとはお客さんが来たら
サイト上で広告がクリックされれば、お金が入ってくる仕組みになっています。

ネットビジネスは初心者が不労所得を得る上で
圧倒的に多くのメリットがある一方で、デメリットがほぼありません。

メリット1 リスクがほとんどない

ネットビジネスの一番のメリットは何と言ってもリスクがほぼゼロということ。
株やFXなどは基本的に初心者は損をしてしまいやすく、
多くの人は損をしてしまった時点で諦めてしまいます。

その一方でネットビジネスでは、ほとんどが無料で出来るので、
躓きやすい最初ですら損をすることがありえないため初心者に最適です。

メリット2 初心者でも月収10万円の不労所得が数ヵ月で作れる

株などで月に10万円を稼ごうと思っただけでも、
かなりの資金が必要で敷居が高いです。

例えば、不労所得で月収10万円を得ようとした場合、
一般的に株や不動産は年で5%増やせたらいいと言われており、
月収10万円を目指すとすると年で120万円の不労所得なので、
元手は何と 2400万円が必要になります。

その一方でネットビジネスであれば、
初心者から始めても、月10万円程度であれば、
パソコンさえあれば資金がたとえ0円でも達成できます。

しかも、何年という年月がかかるわけでもなく、
しっかりと集中して勉強すれば1,2ヵ月で達成してしまいます。

 

ただ、ネットビジネスというとなんだか難しそう。。。

そんなイメージがあるかもしれませんが、実際に僕の元からは
初心者から始めても、月10万円程度であれば1,2ヵ月で
多くの方が達成して、感謝の声を頂いています。

月収5万円程度を達成するのであれば、何も特別な人である必要はなく、
サラリーマンや主婦などごく普通の人が1,2ヵ月後には
自分の給料以外に月に5万円稼ぎ出す人がゴロゴロ出てきます。

僕の無料講座では
軍資金の5万円を2日で手に入れてしまう超即金テクニックや
ブログの作り方や広告の貼り方など簡単なことから教えていきますので
ネットビジネスという言葉すら今は知らなくても大丈夫です。

不労所得には興味があるけれども、何からしていいか分からない人は
まずは僕の無料講座で一から勉強してみてください。

初心者が一番心配するリスクを完全に排除した
ノーリスクハイリターン戦法という手法を取っているので、
学んで損になることはないものですので。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ