ブラック企業ランキング2015年を2014年と比較してみた

black6

近年、メディアでも数多く取り上げられて
大きな社会問題となっているのがブラック企業。

ブラック企業ランキングなるものまで出てきていますが、
2015年はいったいどのような顔ぶれなのでしょうか。

2014年のブラック企業ランキング

2014年のブラック企業ランキングの顔触れはこのようになっています。

1位 東京電力 原子力安全保安院
2位 東芝 大庄 大王製紙 オリンパス
3位 モンテローザ ワタミ ゼンショー
4位 オンテックス 先物取引業界 浄水器販売会社 佐川急便 サニックス
5位 大創産業 中央出版系列 丸八真綿 ファイブフォックス 人財開発 ジャスティック
6位 大塚商会 アビバ パチンコ業界 消費者金融 セブンイレブン TV番組制作会社 零細出版社 大東建託 東建
7位 楽天 リクシル 再春館製薬所 外食産業 富士火災
8位 証券営業 家電小売業界 引越業界
9位 JTB 生保営業 大正製薬 レオパレス 大和冷機工業 着物販売会社
10位 宝飾業界 アパレル販売 コンビニ業界

東電などの原子力関係が原子力関係がトップにいますが、
これは過度の労働に加え、被爆の問題も加味されての結果でしょう。

また、ブラック企業がメディアに出てくるきっかけとなった、
居酒屋などの飲食は上位にいますね。

2015年のブラック企業ランキング

1位 東芝 たけうちグループ モンテローザ ワタミ ゼンショー
2位 オンテックス 先物取引業界 浄水器販売会社 佐川急便 サニックス
3位 大創産業 中央出版系列 丸八真綿 ファイブフォックス
4位 インテリジェンス アビバ パチンコ業界 消費者金融 セブンイレブン 大塚商会
5位 再春館製薬所 外食産業 セントラル警備保障 富士火災
6位 証券営業 家電小売業界 引越業界
7位 JTB 丸井 レオパレス 大和冷機工業 着物販売会社 綜合警備保障
8位 宝飾業界 アパレル販売 コンビニ業界
9位 大王製紙 HIS 富士薬品 JR現業
10位 ヤマト運輸 日本通運 不動産販売

2015年のランキングは昨年度までの東電問題も落ち着いたようで、
原子力関係がランキングからいなくなっており、それ以外の企業が
上位に上がっていって形になっています。

上位にランキングされているものの多くは、
うつ病や過労死の労災などの裁判が何かしら関わっているものが多く、
そういった事件がノミネートの理由となっています。

ブラック企業はますます増える!?

最近よくブラック企業という言葉がテレビで見かけるようになりましたが、
近年ではさらにその割合が増えてきています。

ブラック企業の特徴と言えば、低賃金なのに過度の労働時間。

長年続く不景気のために、多くの会社は人件費を削ろうと必死になっており、
その結果、選択肢として低賃金にしてさらに一人の労働作業を
増やすのが必然となってしまうのです。

特にここ15年間で平均年収自体が年間で60万円も減っていることからも分かるように、
企業はいかにして人件費を削ろうとしているかが分かります。

nendaibetu

このような右肩下がりになる給料は景気が上向かない限りでは、
そうそう歯止めがかからないもの。

結果として、さらに賃金が下がるのに、労働時間だけがどんどん増えるという
労働者にとっては負の流れに突入してしまっています。

こうした環境下の中で、全く行動を起こすことなく、
現状を維持していると今後辛い思いをすることは目に見えています。

なので、こうした状況下の中で経済的、精神的に安定するためには
今の会社に依存しない収入源を得る行動を起こす必要が高まっています。

今現在、僕はこうした社会の先を見すえて
行動したい人のためのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧さい。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ