20代、30代、40代、50代のサラリーマンの平均月収を比べてみた

nendai

終身雇用が崩壊し、年功序列も
なくなったと言われている現代。

昔よりも給料が上がらなくなっている
とも言われていますが実際のところはどうなのでしょうか。

サラリーマンの給料は20代、30代、40代、50代と
どのように上がっていくのか調べてみました

20代、30代、40代、50代の給料はどれくらい!?

年功序列がなくなって、歳を重ねても
給料が上がらなくなっていると言われていますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

こちらが、サラリーマンの年代別年収のグラフです。

nenbetsu

男性の場合、
70歳以上 360万円
65~69歳 387万円
60~64歳 460万円
55~59歳 629万円
50~54歳 649万円
45~49歳 638万円
40~44歳 568万円
35~39歳 499万円
30~34歳 438万円
25~29歳 371万円
20~24歳 265万円
19歳以下 142万円

となっています。

ですので、20代後半で350万円、30代後半で500万円、
40代後半で600万円、50代後半で600万円
というのが平均的な年収になってきます。

月給に直すと、だいたい
20代後半で30万円、30代後半で40万円、
40代後半、50代後半で50万円ほどということですね。

もちろん、ここから所得税や住民税、社会保障費が引かれるので、
手取りとしてはおおむねここから2割引いた金額くらいになります。

グラフからも分かるように、
50代までは年齢を重ねるごとに給料が上がっていて、
20代前半と比べて50代では2.5倍も平均年収が高いので
まだ今のところは年功序列の制度は残っていますね。

ただ、だからと言って今の若者世代も、
このグラフと同じように年功序列で給料が上がっていくと考えていたら、
それは大きな間違いです。

年功序列の制度は今の40代あたりまでが
この恩恵を受けられるぎりぎりのラインで、
今の若者世代が50代になるころにはグラフの形は
一変していると予想されます。

若者世代の年収はどんどん減っていく!?

こちらはサラリーマンの平均年収の推移を表したグラフです。

nendaibetu

長年の不況が続き、実はサラリーマンの年収は
年々減っていて、ここ15年で60万円近くも減っています。

そして、日本の経済はさらに衰退が予想されるため、
平均年収はどんどん下がっていくことになります。

会社は倒産しないためにも、まず人件費を減らそうと考えますが
まず考えるのが毎年の年収アップの引き下げです。

これからの日本では年功序列によって無条件で毎年
年収が上がっていくことはなくなり、年収のピークは
どんどんと前倒しになると考えられています。

こちらが以前の日本の年収の上がり方です。

15ne

そして、これからの日本ではこのような
年収の上がり方になると予想されます。

kon

40代をピークに年収はどんどんと下がっていくため、
生涯年収に換算するとこれからの若者世代は15年前の世代に比べて、
5000万円以上も減り、2億円にも届かないと考えられています。

そして、年収はどんどんと減る一方で問題となってくるのが、
少子高齢化による社会保障費の増大。

今後間違いなく、増税や年金の支払額が増えるので、
手取り額はより一層減少することでしょう。

今後、どのようになっていくのか

このように若者世代は年収がどんどんと減っていくことに加え、
少子高齢化により社会負担が間違いなく増加していくため、
今後はより経済的に苦しい人が増えていくと予想されます。

さらに近年では、
ブラック企業の問題が大きく取りざたされるように、
年収は減っていくのに、労働時間だけが増えていく、
そういった会社が今後さらに増加の一途をたどると考えられます。

正社員を減らして、契約社員を増やしている会社は
増加の一途をたどり、定性の乏しい派遣社員もますます増えて、
年収300万円以下の雇用者は5割を超えると予想されます。

そうした中で、会社にだけ依存しきっている状態を続けていると、
今後、辛い目にあっていくことが目に見えています。

今現在、僕はそういった社会の先を見すえて
行動を起こしたい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ