30代の平均年収(2014)の中央値はどれくらい!?

nensyu2

毎月の給料がなかなか上がっていかない現代。

周りの同世代のサラリーマンは
どれくらい年収を貰っているのでしょうか。

今回は30代の平均年収の中央値を見ていきましょう。

30代前半サラリーマンの平均年収は438万円って本当!?

こちらは30代男性サラリーマンの平均年収の
年別推移を表したグラフです。

30dai

30代前半男性だと15年ほど前が513万円で、
現在は75万円減の438万円。

また、30代後半男性だと15年ほど前が589万円で、
現在は90万円減の499万円となっています。

15年前と比べて年収が年間で90万円も減っているということは、
月の手取りが8万円ほど減っているということですね。

なので、毎月昔よりも8万円の節約をしないと
生活が出来なくなっているということです。

ただ、そうはいっても30代前半男性が438万円というのは
少し値が大きく感じる人も多いかもしれませんね。

この平均年収の値は給与所得者の平均値を表しているので、
平均から大きく上に外れている高所得者によって
かなり上に引っ張られている値になります。

例えば、年収300万円の人が7人いて、
そこに年収2000万円の人が1人はいると
平均年収は (300×7+2000)÷8=512.5万円ということで、
かなり感覚値とは離れたものになってしまいます。

実際に年収の分布を表しているグラフを見てみましょう。

nennsyuubetu

このように実際には300万円台のボリュームが一番多いです。
なので、平均年収自体は計算上400万円台ですが、
実際のボリュームが多い中央値は300万円台になります。

特に最近では、所得格差がどんどん増しており、
年収300万円以下の割合が4割を超えてきています。

kakusa

国民全体の4割が300万円以下で生活しているということで、
平均年収の400万円というのとはかなりかけ離れていますね。

数字としては平均年収は400万円台ですが、
実際には200万円台で生活している人が多いということです。

これまで見てきたグラフからも分かるように、
平均年収は目に見えて右肩下がりになっている一方で、
低所得者の割合が年々増え続けていくようになります。

では、この傾向は今後どのように変わっていくと
予想されるのでしょうか。

今後、どのようになっていくのか

先ほどのグラフ見ると分かるように、
サラリーマンの平均年収は右肩下がりになっています。

ここ数年は横ばいになっているものの、
これはリーマンショックの時に大きく落ち込みすぎた分の
補正があるだけで全体の流れとしては
下がっていることには変わりありません。

そして、これからの日本の経済を考えると、
長期的に見た時に景気が上向きになることは考えづらく、
さらに右肩下がりになっていくと予想されます。

ブラック企業の問題が大きく取りざたされるように、
年収は減っていくのに、労働時間だけが増えていく、
そういった会社が今後さらに増加の一途をたどると考えられます。

そうした中で、会社にだけ依存しきっている状態を続けていると、
今後、辛い目にあっていくことが目に見えています。

今現在、僕はそういった社会の先を見すえて
行動を起こしたい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ