30代男性の平均年収は中小企業と大企業でどれくらい違う!?

daiki

長年の不況で給料が減り続けている
と言われている現代。

周りの人は平均でどのくらいの
給料をもらっているのでしょうか

今回は、中小企業と大企業で
どれくらいの給料が違うのか見ていきましょう。

平均年収は減り続けている!?

よく最近は年収が減っていると言われていますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

こちらは日本人の30代男性サラリーマンの平均年収の
推移を表したグラフです。
30dai

ご覧のように、右肩下がり平均年収は減っています。

特に30代後半では以前は589万円であったのにもかかわらず、
15年で499万円となっており、90万円も減少しています。

90万円減ということは、毎月の手取りが8万円も
今までよりも減少しているということで、結婚をして、子供が生まれて
お金がかかる時にこれほどの手取りの減少ということで
かなり家計が苦しくなっているのは容易に予想されます。

実際に夫だけでの給料では家計を賄えない家計は多く、
ここ30年に渡って専業主婦の割合は減り続ける一方で、
共働きの家系の割合は大幅に増加しています。

tomo

このことからも、年々夫だけの給料だけでは、
家計は苦しくなっているということなのでしょう。

中小企業と大企業だとどれくらい違う!?

では、中小企業と大企業ではどれくらいの年収が
変わってくるのでしょうか。

企業規模別にみると年収はこのようになっています。

tyuusyou

 

男性の場合やはり大企業の方が年収は高くなる傾向がありますね。

100人規模の中小企業と、1000人規模の大企業では
年収が100万円近く違うようです。

特に5000人規模の超大企業になると数十人程度の中小と比べると
200万円近くも変わるというのは驚きですね。

もちろん、全ての中小企業、大企業に当てはまるというわけではないですが、
総じて大企業の方が年収が100万円以上も高いということで、
学生が大企業志向で就職活動をすることはうなずける結果と言えるでしょう。

ただ、大企業に入ったからと言って
これからの時代は安心できるかというとそうではなさそうです。

今後、どのようになっていくのか

先ほどのグラフ見ると分かるように、
サラリーマンの平均年収は右肩下がりになっています。

ここ数年は横ばいになっているものの、
これはリーマンショックの時に大きく落ち込みすぎた分の
補正があるだけで全体の流れとしては
下がっていることには変わりありません。

そして、これからの日本の経済を考えると、
長期的に見た時に景気が上向きになることは考えづらく、
さらに右肩下がりになっていくと予想されます。

ブラック企業の問題が大きく取りざたされるように、
年収は減っていくのに、労働時間だけが増えていく、
そういった会社が今後さらに増加の一途をたどると考えられます。

そうした中で、会社にだけ依存しきっている状態を続けていると、
今後、辛い目にあっていくことが目に見えています。

今現在、僕はそういった社会の先を見すえて
行動を起こしたい人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ